住みやすい環境が壊れる

作業員

天井裏の被害

イタチが家に棲みついてしまうと、捕獲しない限り出て行くことはありません。出たり入ったりを繰り返すことはあっても、安全な場所だと認識されることで繁殖してしまうのです。家の中でも特に天井裏は注意が必要です。一般のマイホームの多くは断熱材を導入しています。例えば、夏は熱い季節となるので汗を大量にかきます。体温を調節するために、エアコンを使用する人が増えます。また、冬は寒い季節となるため暖房を利用することもあります。断熱材があるおかげで快適な温度で過ごすことができるのです。イタチは暖かい環境を求めているので、断熱材がある天井裏は出産や子育てにうってつけの場所なのです。

出費が多くなる

イタチが断熱材をボロボロにすることで、自宅で快適に過ごすことができなくなってしまいます。夏場は暑く、冬は寒いといった過ごしにくい環境になるのです。そのため、なるべく早く業者へ依頼して捕獲をしてもらいましょう。イタチはどんどん繁殖していくので、捕獲が遅れてしまうことで、住宅が壊れてしまう時間も早くなります。足音で眠れない夜が続きますし、排出物の影響で家の中が臭くなってしまいます。業者は無料で対応してくれるわけではないので、被害の大きさによって費用が高額になる可能性があります。業者へかかる費用以外にも、断熱材の修復にかかる費用も発生します。早めにイタチを捕獲することで、余分な出費を減らすことができるでしょう。